iPadはCellularモデルとWi-Fiモデルのどっちにする?

iPadやiPad Air、iPad miniを購入する際には、CellularモデルにするかWi-Fiモデルにするかの選択肢があります。
Cellularモデルの場合には、iPadやiPad Air、iPad mini自体でインターネットの契約を行います
ですから、iPadやiPad Air、iPad mini自体がインターネットを行う事が出来るようになります。



iPad自体がインターネットへアクセス出来る



一方、Wi-Fiモデルの場合はiPadやiPad Air、iPad mini自体はインターネットを行う事が出来ません
ですから、性能としては劣化する訳ですが、その分販売価格は安いです。



では、高性能のCellularモデルの方がお勧めなのかと言うと、一概にそうは言えません。
Cellularモデルの場合には、インターネットの契約先に携帯電話会社3キャリアを選ぶ必要があります。
ただ、3キャリアの料金プランは料金が高額で速度制限も厳しい為、あまりお勧め出来ないのです。



高額で速度制限も厳しい



もしもCellularモデルで契約を行った場合には、速度制限を気にしながらiPadを利用し続けるしかありません。
そうなると、動画を視聴する際に気になりませんし、バックグラウンドで通信を続けるアプリの使用も気になる部分になります。



インターネット番組を視聴出来るアプリの中には、バックグラウンドで通信をし続けるアプリもあります。
こう言う類のものを利用するのが、非常に不安になってしまう訳です。



通信量を食うアプリが気になる



ですから、CellularモデルよりもWi-Fiモデルを購入し、別途インターネットサービスを利用する方がお勧めです。
インターネットサービスには、速度制限が厳しくないサービスを選びましょう。

iPadとの相性の良いインターネットサービスは?

速度制限の厳しくないインターネットサービスと言えば、最も一般的なのは光回線でしょう。
ですが、光回線だと契約を行った建物内でしか利用出来ないと言うデメリットがあります。
せっかく持ち運び出来る手軽さがiPadの魅力なのに、これでは意味がありません。



そこでお勧めしたいのが、WiMAXサービスです。
WiMAXはモバイルインターネットサービスの一種です。
ですから、光回線とは違って、WiMAXサービスならインターネット環境を持ち歩く事が出来るのです。



WiMAXなら外でインターネットが出来る



iPadとWiMAX端末、どちらもバッテリー内蔵で小型で軽いと言う点が特徴となっています。
そんな携帯性の高い作りになっている製品ですから、相性は抜群なのです。



また、WiMAXサービスは、モバイルインターネットサービスの中でも速度制限の規制が厳し過ぎない点が特徴の1つになっています。
ですから、そう言う部分もiPadと組み合わせたい理由の1つになっています。



たっぷりとインターネットが利用出来るWiMAXサービス



実際、WiMAX端末とiPadを組み合わせる事によって、インターネット環境を持ち歩いて、好きな時に好きな場所からインターネットを楽しむ事が出来るようになります。
速度制限の規制も厳しくありませんので、通信量にいちいち神経を尖らせる必要もありません



↓UQ WiMAXの詳細情報はこちら↓
UQ WiMAX

WiMAXサービスを快適に利用する為の3つのポイント

そんなWiMAXサービスですが、速度制限に神経を尖らせずにたっぷりとインターネットを利用する為には、3つのポイントを抑えておくと良いです。



  • UQ Flatツープラス ギガ放題プランでWiMAXサービスの申し込み手続きを行う。
  • ハイスピードプラスエリアモードの総通信量を、1ヵ月間で7GB未満に抑える。
  • 混雑回避のための速度制限が適用時には、一度に大容量通信を行うのを避ける


まず、WiMAXサービスの料金プランについてですが、UQ FlatツープラスプランUQ Flatツープラス ギガ放題プランの2種類の料金プランがあります。
月額料金としては、UQ Flatツープラス ギガ放題プランの月額料金の方が高額になります。
その代わり、UQ Flatツープラス ギガ放題プランの方が速度制限の適用条件が緩和されます。



UQ Flatツープラスプランに適用される速度制限
通信モード 月間のデータ利用量による速度制限 混雑回避のための速度制限
ハイスピードモード 速度制限あり
ハイスピードプラスエリアモード


UQ Flatツープラス ギガ放題プランに適用される速度制限
通信モード 月間のデータ利用量による速度制限 混雑回避のための速度制限
ハイスピードモード 速度制限なし 速度制限あり
ハイスピードプラスエリアモード 速度制限あり


ちなみに、月間のデータ利用量による速度制限混雑回避のための速度制限の違いに関しては、以下の表をご覧下さい。



UQ WiMAXに適用される速度制限
速度制限の種類 適用条件 速度制限実施後
月間のデータ利用量による速度制限 月始めからの総通信量が7GBを超える 月末までの通信速度を128Kbpsに制限
混雑回避のための速度制限 直近3日間の合計通信量が3GBを超える 翌日の昼から24時間の通信速度を動画が視聴出来る程度に制限


つまり、ギガ放題プランでハイスピードモードを利用する状態であれば、月間のデータ利用量による速度制限は適用条件外になると言う事です。



月間のデータ利用量による速度制限は適用対象外に



また、ハイスピードプラスエリアモードを7GB以上利用した場合には、ギガ放題プランであっても速度制限の対象となります。
ですから、ハイスピードプラスエリアモードに関しては、利用し過ぎないように気を付ける必要があります。



もう1点注意すべき点として、混雑回避のための速度制限が挙げれます。
混雑回避のための速度制限は、どの料金プラン、どの通信モードであっても適用の対象となります。



混雑回避のための速度制限は全てにおいて対象になる



とは言え、混雑回避のための速度制限が適用されたとしても、動画が視聴出来る程度の通信速度は維持されます。
ですので、日常レベルの通信速度は確保する事が出来ます。



ただし、高画質動画を3つ同時再生するなどと言ったハードな利用方法には対応しておらず、動画が止まり止まり再生になってしまいます。
ですので、混雑回避のための速度制限が適用されている状況下においては、大容量通信は控えるようにしましょう。

実際、WiMAXとiPadとの組み合わせはどんな感じ?

では、実際にWiMAXとiPadとの組み合わせはどうなのかと言う点が気になる部分でしょう。
私の場合、WiMAXとiPad miniとを組み合わせて使用しています。



WiMAX端末とiPad miniとの組み合わせ



両方の組み合わせで感じるのは、やはり、携帯性の高さです。
WiMAX端末はポケットの中に収まりますし、iPad miniは片手で持つ事が出来ます
大きなポケットのジャケットを羽織っている場合であれば、iPad miniもポケットの中に入ります



そして、外出中にインターネットの必要性が出てくれば、iPad miniを手元に出すだけでオッケーです。
それですぐ、インターネットを始める事が出来ます。



iPad mini



WiMAXサービスは通信速度に関しても申し分なく、パソコンよりは通信速度を必要としないiPad miniであれば、よりサクサクと操作が出来ます
通信エリアに関しても、今のところ不便を感じた事はありません



ですので、ぜひともこの便利なインターネット環境をあなたにも体感して欲しいと思います。

今、UQ WiMAXがお得な理由とは?

以上、iPadとWiMAXサービスとの組み合わせについてご紹介しました。



情報を簡単にまとめると、iPadはWi-Fiモデルを購入するようにしましょう。
そして、インターネット回線としてはWiMAXサービスのUQ Flatツープラス ギガ放題プランで申し込み手続きを行うようにしましょう。



WiMAXサービスで申し込みを行う



ちなみに、UQ WiMAXでは今、商品券のプレゼントキャンペーンを行っています。
期間限定のキャンペーンとなっていますので、少しでもお得な今のうちにキャンペーンを利用するようにしましょう。



↓UQ WiMAXのキャンペーン詳細はこちら↓
UQ WiMAX